齋藤飛鳥は英語が得意?ハリー杉山のラジオを薦める5つの理由

英語学習方法

今回は、私が毎週欠かさず聴いているハリー杉山さんのラジオ番組「POP OF THE WORLD(J-WAVE)」の英会話レッスン「HARRY’S ENGLISH CLASS」のコーナーをご紹介します。

こちらの英会話レッスン「HARRY’S ENGLISH CLASS」というコーナーが、リアルな会話に使える英語が学べておすすめです。

4年間聴いている私がなぜこのコーナーをおすすめするのか、その理由について5つ書いてみました。

土曜日の朝、ラジオをつけてゆっくりコーヒーでも飲みながら10分だけ英語に触れてみるのはいかがでしょうか。

ハリー杉山のラジオ英会話を薦める理由

HARRY’S ENGLISH CLASSの番組内容
  • 放送局:J-WAVE(周波数81.3FM)
  • 放送時間:毎週土曜日の朝7:05~7:15
  • ナビゲーター:ハリー杉山/齋藤飛鳥
  • 番組内容:英会話初心者に役立つ日常会話のレッスン

ハリー杉山さんのラジオで英会話レッスンは、英語を学び始めたばかりの人や初心者にとてもおすすめです。

その理由を1つずつ説明していきますね。

週に1回、10分という手軽さ

私が「HARRY’S ENGLISH CLASS」をおすすめする1番の理由は、1週間に1回10分という、続けやすい頻度と時間です。

英語学習を途中で挫折してしまう人の多くが、大変で続けられないと思ってしまう事なのではないでしょうか?

15年前の私がそうでした。

いくつかの英会話教室へ体験レッスンを受けにいったのですが、どれも続かずすぐにやめてしまいました。

まず雨が降ったり暑かったり寒かったりすると教室まで行くのが面倒。

そして、60分というレッスン時間が長く感じてしまいました。

私はとにかく長時間の勉強と継続することが苦手です。

そんな私でも「HARRY’S ENGLISH CLASS」は毎週楽しく聴いています。

1週間に1回でたった10分という良い意味でのハードルの低さが、こんな私でも飽きずに聴けている1番の理由です。

ラジオならではの「ながら聴き」が出来る

そもそもラジオなので、耳で聴きながら他のことができるお手軽さもまたGoodポイントです。

番組の放送時間は土曜日の朝7:05~7:15です。

仕事が休みの人は起きてラジオをつけて、コーヒーでも飲みながらゆったりとした気分で聴くのも良し。

仕事の人は朝の支度をしつつ耳だけラジオにかたむけて聴くのも良し。

子供のオムツを替えながら聴くのも良し(私です)。

人それぞれに、やりたいことをしながら聴けるのがラジオの良いところですね。

机に向かってノートとペンを持ってがっつり勉強モードという英語の勉強ではなく、楽しく聴きながら英語のフレーズを覚えようというゆるさがまた、続けやすさの秘訣です。

日英ハーフの良さと美しい英語の発音


引用元:https://twitter.com/harrysugiyama

ハリー杉山さんと言えば、イケメンでスタイルも良く、テレビやラジオなどマルチに活躍するタレントとして有名ですよね。

そして彼はイギリス人と日本人のハーフなので、日本語も理解した上での美しいイギリス英語を話します。

日本人が英語を学ぶなら、こんな先生が理想だなと私は思います。

なぜなら、英語圏育ちハーフの人は「日本語で○○を英語で何て言うの?」という質問に日本語の知識を持ったうえで美しい英語の発音で答えてくれるからです。(育った環境や使ってきた言語のバランスはその家庭によって違うと思うので、一概には言えませんが。)

私は4年間「HARRY’S ENGLISH CLASS」を聴いていますが、ハリー杉山さんは頭が良くて日本語もきちんと理解していて、そのうえで英語の発音がとてもキレイだなと思います。

齋藤飛鳥ちゃんと一緒に成長する

引用元:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/harrysenglishclass/854.html

「HARRY’S ENGLISH CLASS」には、もうひとりのナビゲーターとして乃木坂46の齋藤飛鳥ちゃんが登場します。

登場したばかりの頃の彼女の英語はセリフの棒読み状態で「本当に英語が話せないんだな」という感じでした。(今とのギャップを伝えたくてあえて書きます。)

でも毎週レッスンを重ねるごとに棒読み感も無くなり、今ではハリーさんの質問や挨拶にもちゃんと英語で返していて彼女の成長ぶりに驚かされています。

「HARRY’S ENGLISH CLASS」ではハリーさんが先生で飛鳥ちゃんが生徒なので、あなたも生徒になって彼女と一緒に英語を勉強している気分になれますよ。

こちらの番組を聴き始めた時は全く彼女の事を知りませんでしたが、今ではテレビやCMで見かけるたびに、「あ、齋藤飛鳥ちゃん!」と気になる存在になりました。

笑いを忘れず楽しく英会話レッスン

引用元:https://www.j-wave.co.jp/original/popworld/harrysenglishclass/845.html

たった10分の英会話レッスンの中で、ハリーさんはいつも笑いを忘れません。

自らを「ウザ杉山」とキャラ付けして、ウザいキャラになりきり斎藤飛鳥ちゃんを流暢な英語でいじったりナンパしたりして笑わせてくれます。

そして大抵は冷静に飛鳥ちゃんがバッサリと切り捨てるというオチつきです(笑)

陽気で明るくテンションあげあげなハリーさんとは反対に、いつも冷静に落ち着いたコメントをする飛鳥ちゃんとのちぐはぐな感じがまた面白く、でも妙に息が合っている感じがまたクセになりますよ(笑)

放送を聴くと、顔が見えなくても、いつも笑いを忘れずリスナーと楽しく英会話を学ぼう、というナビゲーター2人の気持ちが伝わってきます。

そんなハリー杉山さんと齋藤飛鳥ちゃんだからこそ、このコーナーが4年も続いているんですね。

まとめ

今回は、ハリー杉山さんのラジオ番組「J-WAVE POP OF THE WORLD」の英会話レッスン「HARRY’S ENGLISH CLASS」のコーナーについておすすめのポイントを5つご紹介しました。

週に1回たった10分ですが、1年間続ければ約52週間、つまり1年で52個のフレーズを覚えることが出来ます。

これぞ、ちりもつもればの英会話ちりつも日記です。

具体的な内容は、ぜひラジオを聴いてあなたの耳で確かめてください。

そして今後は「HARRY’S ENGLISH CLASS」の復習の意味を込めて学習内容をまとめていこうと思うのでそちらも読んで下さいね。

\ エリア外や聴き逃しはコチラで解決 /

タイトルとURLをコピーしました