英語でスピーチ出来ますか?その②困った時はプロに相談だ!

英会話レッスン

こんにちは。

思いがけず人前で英語のスピーチをする事になった、英会話初級レベルのフルモです。

前回、突然舞い込んできたそのハプニングにより動揺を隠しきれずにソワソワしていましたが、やるからには出来る限りの努力はしようと誓ったところです。

とは言ってもいきなり1人でスピーチを作るのは無謀なので、私が英会話のレッスンを受けているオンライン英会話のネイティブキャンプの先生の力を借りる事にしました。

英語でスピーチをするための準備

さて今回私が引き受けたスピーチの目的は、息子のスクールの担任の日本人と外国人の両方の先生へ向けて保護者一同からのお礼の挨拶です。

ここまでの経緯はこちら↓↓↓

英語でスピーチ出来ますか?その①突然舞い込んできた大仕事
こんにちは。かつては海外で英語を使って仕事をしていたフルモです。今はというと、すっかり初級レベルになり英会話を学び始めて1ヶ月の初心者です。そんな私に英語を使った大仕事の依頼が舞い込んできました。これはきっと神様からのギフト...

英語のスピーチ文章を作る前に先ず、日本語で文章を作りました。

その日本語での挨拶文をベースに、そこから英文を作成していこうと思います。

当たり前だけど日本語だとあっという間に作れますね。

バイリンガル・トリンガルの人はそのあっという間の文章作成が2ヶ国語以上同時に出来ちゃうんだからやっぱりスゴイなー。

外国語の習得は脳トレにもなりそうな気がします。

こんな時こそネイティブキャンプに相談

さて挨拶スピーチの原稿を日本語と、一応の英語両方が完成したので早速、ネイティブキャンプのフリートークレッスンに進みます。

今回は初めて、日本人の先生のレッスンを受けてみる事にしました。

それは、日本語から英語への文章作成なので、日本人と日本語も使いながら相談したいと思ったからです。

でもその日本人の先生のレッスンは、意外な展開が待っていました。

日本人の先生は予約必須!?

さあ今日はやるぞ、といつも通り朝の家事を片付けて、末っ子の朝寝が順調にスタートしたので早速パソコンに向かいます。

ネイティブキャンプのレッスンページへアクセスして、日本人の先生に絞って検索すると「あれれ?」

今すぐレッスン可能な先生が1人もいない。

おかしいな、操作ミスかなと思い、もう一度日本人の先生だけにソートし直して検索するもやっぱり同じ。

現在オンラインだけど取り込み中(他のレッスン中)もしくは、オフラインの先生しかいません。

え、日本人の先生ってこんなに人気なの?

ちょっと意外でした。

ネイティブキャンプって言うくらいだからやっぱりみんな外国人の先生と話したいのかと思っていたからです。

私も今回のスピーチの件が無かったら、日本人の先生のレッスンを考えなかったかもしれません。

でも私のその考え方は間違っていました。

その理由は後で分かります。

とりあえず、この状況では日本人の先生のレッスンを受けるのは難しいので、仕切り直して翌日に、予約したレッスンを受けました。

ちなみに日本人の先生は予約に400コイン※が必要です。

※レッスンを予約する時にはコインと呼ばれる専用通貨の様な物を使います。100コイン=200円で500コイン以上からオンライン上で購入ができて、初めてネイティブキャンプに登録した時には特典としてコインがもらえます。

やっぱりホッとする日本人の先生

ちゃんと予約したから、今度こそ大丈夫。

無事にレッスンにたどり着けました。

「Hello!」

元気な先生の声が聞こえてきてきホッとします。

外国人の先生ともする、いつもの挨拶が終わると先生の方から日本語で、「今日は何かやりたいテーマがありますか?」と聞いてくれました。

あ、日本語でいいんだ!

とホッとしました。

「Yes, I have. So, I want you to check my sentences that I アイ、アーーイ、んーーー、アイ made for a speech…。」途中まで英語で頑張ってみましたよ。

その後は苦しくなり日本語で説明。

こういう時にサラッと英語で話せる様になるのが最終目標です。

さて、子供のスクールの先生へ1年間お世話になったお礼の挨拶スピーチをしたい、というこちらの意図をくみ取ってくれた先生は、「では早速作っていきましょう。」

という事でサクサク進めてくれました。

スピーチ文が劇的に生まれ変わった

サクサク添削&修正を進めてくれる先生のそのスピードに驚きを隠せません。

日本語ですらそんなに早いスピードで文章を作れないかも。

もともと、英語の翻訳や先生をやられていた先生だそうで、さすがはプロですね。

早いし英語の言い回しやフレーズのチョイスがどれも新鮮です。

例えば「この1年間」と英語で言いたい時に私なら「for this year」としか思いつきませんが、先生は「through this year」と言っていました。

うん、この方がずっとステキです。

そんなこんなであっという間に英語の挨拶スピーチ文の添削&修正は終わりです。

残り時間10分で本当のフリートークを楽しみました。

先生がリードしてくれるので話題に困る事もないし、多分こう言いたいんだろうな、という事を察知して「〇〇〇ですか?」と聞いてくれるのも、かゆい所に手が届く感じがして心地良かったです。

何よりも1番良かったのは今まで外国人の先生だと、「〇〇(日本語)」を英語で言いたいけど何て言っていいか分からない、という質問が出来なかったのが、今回日本人の先生のレッスンを受けてそれが聞けた事です。

まとめ

今回は英語の挨拶スピーチ文を作るために、ネイティブキャンプのフリートークを活用した事について書いて見ました。

最初は気乗りしなかった私がネイティブキャンプであえて日本人の先生を選んでそして結果的には大満足したのがお分かりいただけたと思います。

おかげで私の作った英文からは生まれ変わり、劇的にカッコいい英語の挨拶スピーチ文が完成しました!

日本人の先生は人気なので「今すぐレッスン」を受けるのは難しく、予約する事をおすすめします。

毎月の月謝6,480円にプラスで1レッスンで400コイン=800円かかりますが、それだけの価値はかならずあります。

何か文章を作りたい、ただフリートークしたい、旅行や海外赴任などで何か相談したい、などお願いしたい内容が決まっているアナタ。

ネイティブキャンプのフリートークをぜひ活用してみて下さいね。

 

フリートークでカスタマイズレッスン

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました